設備用品はプール&フィットネス繁盛ネット

SANRITSU

facebook

営業時間 10:00〜18:00(定休日:土日祝)
icon_tel052-522-1661

icon_cart

mypage

初めての方へ  Beginner

新規会員登録

マイページ  Login





カテゴリー  Category

CATALOGUE
WEBカタログ

FLYER
WEBチラシ

2019.10.23

【学校プールの歴史】腰洗い槽って知ってる?

こんにちは!

プールの授業、

きっと皆さん小学生や中学生の頃にあったと思います。

 

プールの授業で僕が思い出すのは、

やたら冷たかったシャワーと腰洗い槽、

(こんなやつ)

 

後は目を洗う謎の蛇口ですが

(洗眼器という名前みたいです)

皆さんはどんな思い出があるでしょうか?

 

僕が小学生の頃は当たり前に使っていた

腰洗い槽と洗眼器ですが、最近は使わない学校が主流です。

 

試しに会社の20代の後輩に腰洗い槽ってわかる?と聞いたら、

「腰洗い槽って何ですか?」

と世代差を感じる回答を頂きました。

 

そもそもなぜ腰洗い槽や洗眼器を使っていたのでしょうか?

腰洗い槽は一言で言えば

 

「体に付いた雑菌を殺菌消毒するため」

 

です。

プール自体にも当然、殺菌効果のある塩素は投入されてますが

腰洗い槽の塩素濃度はなんと、プールの約50~250倍!

この濃さで殺菌して、プールの水をきれいに保とうとしていました。

 

じゃあなんで今は使わないの?

殺菌しなくていいの?

と、疑問が湧くわけですが、

それは殺菌に対する理解が深まったからです。

 

大腸菌を付着させた水着で実験したところ

腰洗い槽に5分間浸した場合と30秒流水で洗い流した場合の除菌率が

ほぼ同じ

ということが分かりました。

同時に30秒~1分間程度、腰洗い槽に浸かっただけでは

充分な殺菌効果が得られない

ことも判明しました。

 

長時間、高濃度の塩素に浸かれば健康上のリスクは増えます。

以上のことからシャワーでしっかり洗い流せば大丈夫!

ということになり、腰洗い槽は使われなくなったのです。

 

今の小学生や中学生にとってみたら

腰洗い槽はプールに付いている謎の階段ということになりますね。

まさに昭和の遺物といったところでしょうか。

 

洗眼器については次回のブログで取り上げますね!

次回もお楽しみに!

< 一覧へ戻る